教え て いただき ありがとう ござい ます。 「教えてもらった」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

「教えてくれてありがとう」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

教え て いただき ありがとう ござい ます

同期入社の同輩や親しい友人になら「教えてくれてありがとう」で十分伝わりますが、先輩や上司、取引先など目上の方にはどうでしょう。 「教えて頂きありがとうございます」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 いつも温かくご指導くださいまして、ありがとうございました。 例文「お教えに感謝申し上げます」• 「教えてくれてありがとう」を、謙譲語で表すなら、「ご教示いただき、感謝申し上げます」となります。 でも違和感が…。 したがってここでは、「おわかりいただく」になります。

次の

「教えてもらった」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

教え て いただき ありがとう ござい ます

などです。 ・・・ていただく 報告していただく。 先日ご指導いただきましたおかげで、無事に期日に間に合わせることができ、課の皆さんに迷惑を掛けずに済みました。 お礼ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければと存じます。 多数の有益なアドバイスを頂き、厚くお礼申し上げます。

次の

敬語「お教え頂きありがとうございます」の意味と使い方・例文

教え て いただき ありがとう ござい ます

・・・てみる 見てみる。 会話や電話シーンであれば「お教えいただきありがとうございます」あるいは「教えていただきありがとう」というフレーズを使います。 先生には感謝の気持ちでいっぱいです。 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。

次の

「教えてもらった」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

教え て いただき ありがとう ござい ます

(2)おかげさまで... 例文「ご教示いただきありがとうございます」 「教えて頂き」の部分を「ご教示いただき」と言い換えるだけ。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 」です。 今後ともご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 友人たちと同じノリで「教えてくれてありがとう」と言ってしまうと失礼になり、せっかくの気持ちが伝わりません。 こちらはよく使われるフレーズですので、覚えておきましょう。

次の

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

教え て いただき ありがとう ござい ます

konna insyou wo mochi masu. ただし、「教えて いただき~」のほうはおかしな表現だと考える人もいます。 例文「先日は打ち合わせに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました」• 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 NHK放送文化研究所でアンケートをおこなったところ、〔「~いただき」を使う(「~くださり」は使わない)〕という回答が、やや多くなっていることがわかりました。 「教えてくれてありがとう」をきちんと敬語で表現できれば、感謝の気持ちだけでなく、尊敬する気持ちも伝えることができます。 相手が質問に対して答えてくれたことに対して「ご回答ありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えることで、お互いに心地の良い関係を築くことができます。

次の

お教えいただきありがとうございました。

教え て いただき ありがとう ござい ます

A ベストアンサー はじめまして。 とくにビジネス文書・メールや初対面の相手など、気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えするべきです。 今後は前向きにやっていきます。 ふぅ、今回はややこしかったですね。 学校を卒業して社会に出てからも、学びの場面は多々あります。

次の