茄子 の 育て 方。 ナスの育て方をご紹介!苗選びから剪定・整枝まで(畑・プランター)|育て方Labo(育て方ラボ)

ナス

茄子 の 育て 方

その後規定希釈した液肥をたっぷりあげてください。 主枝と勢いの強い枝2本を残して、3本仕立てにします。 高温乾燥で多発し、主にナスの新芽や葉に寄生して吸汁加害します。 寒さによる原因であれば、通常暖かくなれば花はつき開花し結実します。 開花期 5月~10月上旬• 植え付けたら土を数cmほど軽くかけた後、底から水が出てくるくらいに十分な水を与えます。

次の

フォックスフェイス(ツノナス)の育て方|ヤサシイエンゲイ

茄子 の 育て 方

このときに手がぬれているとナスの種が手にくっついてしまうので注意しましょう。 わき芽かきは、ハサミから病気が移ることもあるので、指でかきとるようにします。 土壌適応性も高くプランターでも露地栽培でも上手に育てられます。 その上に野菜用培養土をプランターの淵から3cmほど下に入れます。 ナスの苗を植え付けてから3週間程度したら、 ナスが根付いたと考えて、そこからは水やりの時期を2~3日おきに調整していきます。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 収穫期 5月下旬~10月中旬• (元肥が含まれていない土を使用するときは、あらかじめ元肥となる肥料を与えておきましょう。

次の

ナスの育て方をご紹介!苗選びから剪定・整枝まで(畑・プランター)|育て方Labo(育て方ラボ)

茄子 の 育て 方

植え付けの2週間以上前までに苦土石灰をまき、土壌pHを適切に調整しておきます。 種まき・育苗 種から育てると育苗期間が75日〜80日と長く、家庭菜園でも農家でも苗を購入するのが一般的です。 長ナス 長ナスは長さ20~30cmくらいに成長するナスの品種で、日本各地で栽培されています。 特徴:たくさん収穫するには、アブラムシやハダニなどの害虫対策を万全に行なうことが大切です。 色や形や大きさも様々な、多くの品種が存在しています。 ナスの連作障害対策 ナス科に属する野菜は連作障害を起こしやすいので、ナスをはじめとする、トマトや、ジャガイモ、ピーマンなどを栽培する場合は充分に気を付けなくてはいけません。 日照条件:日なた• 長さ70cmぐらいの仮支柱・支柱竹、園芸用網管支柱など。

次の

ナス(なす)栽培☆種まき時期と植え付けまでの育て方

茄子 の 育て 方

連作障害 ナスは連作障害が起きやすい野菜です。 青ナスや白ナスは皮がしっかりしていて、加熱すると果肉がとろけるような食感になるのが特徴です。 花や蕾がついている苗もとてもいいです。 更新剪定を行うことで株が若返り、秋まで収穫することができるようになります。 ほうれん草 花類 ハーブ類• ナス栽培ではパセリの寄せ植えもおすすめ ナスの隣に植える作物を選ぶとしたら、パセリがおすすめです。 苗を購入後は、日当たりが良い場所に2日ぐらいあけてから植えます。

次の

ナス(茄子)の栽培方法・育て方のコツ

茄子 の 育て 方

生育に適した温度管理、施肥の量、かん水の量などを管理する必要があります。 スコップを使って苗と同じくらいのサイズの穴を掘ります。 株を丈夫に育てることによって、石ナス、つやなし果などの不良果実を減らすことができます。 病原菌は高温下で活発化するため日中はナスの葉が萎れてしまいますが、夜間に気温が低くなると回復します。 ナス 茄子 の種類・品種 ナスの種類は日本だけでも180種類ほどがあります。 夏期は早朝の地温が低い時間帯にかん水するのがポイントです。

次の

ナス(茄子/なすび)の育て方・栽培方法【春植え】

茄子 の 育て 方

青枯れ病や根こぶ病が代表的な病害です。 摘葉・除草 ナスは生長が早いので、わき芽が伸びてきて新しい枝になります。 さらに、同じ先もつの定植を繰り返すと、悪い病原菌が大繁殖してしまい、土壌に病原菌がいっぱいになってしまい、作物の成長に悪影響を及ぼします。 0~6. そんな時は、連作障害に強い接木苗を使用して栽培を開始しましょう。 植えつけ期:4月下旬~5月中旬• 植え付け:4月上旬~6月上旬• 分類:半耐寒性,一年草,草木• ナスを育ててみるとわかりますが、あのような実を、毎日のように収穫することができます。 害虫被害が手に負えなくなったら、主枝株元の1芽まで切り落としましょう。

次の