はい エドテン。 ニコニコ大百科: 「穢土転生」について語るスレ 31番目から30個の書き込み

穢土転生とは (エドテンセイとは) [単語記事]

はい エドテン

口寄せした者を制御するにも相応の実力は必要で、特に穢土転生した対象の意識を残しておいた場合は即座に制御の印で抵抗を封じる必要のある場面も。 では「~だなコレ」等とにつける。 また、六道の忍具の場合、たとえ術が解かれても魂が解放されず封印されたままになる(このために十尾復活が成功した)。 自分以外が口寄せした穢土転生と同じように封印処理するしかない。 ペ編での戦死から木の葉襲撃までのはこの方向性を固めるために作られたもので、この方針はというの中心であるとも言える。

次の

ニコニコ大百科: 「穢土転生」について語るスレ 31番目から30個の書き込み

はい エドテン

眼での流れを、点(の)を何度も突くことでの流れを断つ。 ちなみに『 』も歌っているが、 ではなくのである。 また、口寄せする対の魂が浄土()にいる必要もある。 命札書き換えで支配からられた場合、頭の中の支配札をもう一度書き直せば済むが、そんな強な幻術を使えるのに対して命札を入れなおす隙があるかどうかは疑問が残る。 3番に呼び出そうとしたは「四」と書かれていたため火・のように見えるが、この時点ではミナトの魂は自身が使用した 封尽によってのの中にいて口寄せな状態だったはずなので、を口寄せしようとしていたのかは不明だった。

次の

自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、焼きタコライスで優勝する動画です。 [ニコニコあっぷる]

はい エドテン

「」という言葉もある。 作中では使ってないが、これ、両手でタッチして相手を生贄にする即死技って考えると、ワープできる卑劣様の恐ろしさがさらに増すな -- 名無しさん 2017-06-22 20:22:13• 大いに戦争の脅威になった術だけど大蛇丸様が歴代火影を転生してなかったらナルト達が負けてたからなぁ 使い方を含めて色々奥深い術だな -- 名無しさん 2018-07-27 17:52:55• の日もある。 後ろにが付くことがあるが、だいたいではない(🐭、🐉…)。 で「音の四人衆」ならぬ「 味の四人衆」とも呼ばれる。 を持っており、発動するとがくなる。 食感がコリすぎるとこの人になる。

次の

自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、ピーマンの肉詰めと白米で優勝する動画です。 [ニコニコあっぷる]

はい エドテン

をするが転生用の身体として欲しがっている。 オビトが操った穢土転生人柱は尾していたが、これは魔像のにより外から尾を付けて的なをしたもの。 まさに卑劣の金太郎飴 -- 名無しさん 2018-06-26 11:21:29• 実際風影暗殺の時は柱間と扉間は召喚させてるのにミナトは召喚されてない。 やっぱり術を開発した本人が一番安全、安定して術を使えるんだとよくわかった。 「オレ好みにしてある」とはオビトの談で、実際に眼はの眼なので転生後にオビトが与えたものだと分かるが、の眼球は穢土転生で作られたものと同じく染まった眼球だったので、オビトのを聞いてがわざわざつけてやったものだと思われる。 穢土転生ボロクソに言われてたのは知ってるけど手のひら返しは初めて聞いたな 俺は純粋にすきだったけど -- 名無しさん 2015-10-19 19:07:18• ただの人間爆弾ならその場の被害にとどまるけど、これなら全体を奇襲攻撃できるからさらに合理的 -- 名無しさん 2018-06-26 11:05:37• のヤツ…• (一般)くに関しても木ノ葉にてらしい。

次の

自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、焼きタコライスで優勝する動画です。 [ニコニコあっぷる]

はい エドテン

子孫に遺伝する「血継」の1つ。 大蛇丸が二度目の穢土転生で火影達を呼び出した際は札を埋め込まず、外部からチャクラで行動を制御するのみに留めていた。 できるかもしれないが、そこにこだわる必要ないしなあ……。 かつてはのだったが、の里抜け以降は対立関係にある。 血継による特殊体質でも、した当時に持っていたのであれば生来持っていたものでなくても漏れなくするが、生身の体でないものはしない。 薬師カブト 第四次界大戦の時に、や、二代土・・二代などを含む非常に多くのを転生させ、戦局をさせる。

次の

自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、焼きタコライスで優勝する動画です。 [ニコニコあっぷる]

はい エドテン

またのは人傀儡の体ではなく生身の体で転生している。 コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん 2015-09-06 20:34:16• 恒例すぎて「エドテン」というを使うようになってしまった。 解術の印は、がオビトに説明を要された時は「・午・」とっているが、実際は「 子・・申・・・」であり全くのだった。 カブトは札の効果を遠隔操作で書き換えることもできる。 穢土転生と併用する前提の術として「互乗起爆札」がある。 後に第四次界大戦の時に、の要望に応じて上記2人+・と火・を口寄せする。

次の

穢土転生

はい エドテン

長門の輪廻眼やマダラの柱間細胞など、生前に移植などにより得た能力なども、生体として本体に取り込まれているものならば例外ではない。 元はのの「」。 戦争どころじゃない -- 名無しさん 2020-05-01 11:20:52. 当然ながら尾獣の力による人柱力の力は再現されず、また転生体を人柱力にすることも出来ない が、ミナトだけは生前に屍鬼封尽で九尾の半身ごと自身を封印したため、口寄せされた際に諸共呼び出されたことで九尾の人柱力となっていた。 と言っても並大抵の術ではで、作中でそれをしたのはうちはシのの瞳術・別だけであった。 劇中ではほんとボロカスに言われているが、歴代火影勢揃い・我愛羅と父の和解・イタチとサスケの共闘とかメタ的に見ると場を大いに盛り上げてくれた術だね(笑) -- 名無しさん 2017-05-20 11:57:30• また、生身の肉体が塵芥によって再現されるので、仕込み義手等の肉体にとって異物となるものは再現されない。 むしろ卑劣様が本来の使い方を披露してから術の評価が上がったような気がする。

次の