地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン。 J

教育情報セキュリティポリシーと学校のICT|学校とICT|Sky株式会社 ICTを活用した学習活動をサポート

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

監査実施においては、必要に応じて「JISQ 27002」なども参考にするとよい。 このような生ぬるいガイドラインで良いのでしょうか」というご意見もありました。 ) 総務省• 本ガイドライン制定の背景 本ガイドラインは、地方公共団体が設置する学校を対象としたものであり、教育情報セキュリティポリシーは地方公共団体が策定・運用することを想定していることから、検討に当たっては、自治体ガイドラインの考え方を踏まえたものとしている。 導入の目的・解決手段 株式会社電算 技術推進本部長 吉川満則様は、EV 証明書による SSL 化の必要性について、次のように話します。 平成22年 7月に「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る『安全基準等』策定にあたっての指針対策編」が策定された。 (日本銀行による金融機関向けBCPガイドラインを掲載。 このことからも、実施手順を未だ作成していないところでは早急に手順を作成し、運用を開始すべきでしょう。

次の

「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」とは

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

3.第3版 平成22年11月(2010年11月): ポリシーガイドライン 監査ガイドライン を一部改定。 昨今「クラウドファースト」と称しクラウドサービスの利用を推進する傾向が高まっておりますが、当社は単にパブリッククラウドを利用するという事ではなく「クラウドテクノロジーを活用する事」と理解しております。 海外のBCPガイドラインに関する情報を掲載。 建設会社向け簡易ガイドを掲載。 ですから、教育委員会が主体となって策定していただきたいのです。

次の

【イベント】地方公共団体様向けセキュリティ強化セミナー ~ガイドライン改訂およびマイナンバ―対応~(2015/8/4,5,26)

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

今回は情報セキュリティ監査ガイドラインについて。 情報セキュリティ監査は、情報セキュリティポリシーの実施状況を点検・評価するものであり、監査ガイドラインを参考にして、情報セキュリティ監査を実施する。 。 公開型・参加型GISなどの場合は、専用のWeb GISサーバを利用する,あるいはASPを利用して内部の情報にアクセスさせないようにしている例もある。 このように用途によってそれぞれネットワークが分けられると共にネットワーク分離環境での強固なセキュリティ対策が求められています。

次の

【セキュリティ ニュース】政府、自治体のセキュ対策見直し

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

(組織の事業継続のための一般的な原則等を記述(ISOへの提案段階のもの)。 1月に改ざん、2月に情報セキュリティ対策推進会議(の前身)立ち上げ、7月にガイドライン策定という素早さ。 2015年3月の前回改定時以降の、自治体情報セキュリティ対策検討チームからの報告や、「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準群」の改定などを受け、両ガイドラインのパブコメ案を公開。 〇策定の経緯 1.初版 平成13年 3月(2001年03月): 「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」 平成15年12月(2003年12月): 「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」 2.第2版 平成18年 9月(2006年09月): ポリシーガイドライン 平成19年 7月(2007年07月): 監査ガイドライン を全部改定。 「 平成 30 年 9 月版 」の中に、「6. ・各団体は、自らの情報セキュリティを確保するとともに、地域全体の情報セキュリティの基盤を強化• また、情報セキュリティポリシーに関するガイドラインでは、情報セキュリティに関する統一的な窓口(CSIRT)の設置が求められています。 しかし、その実状を見ると多くの団体ではポリシー策定に止まり、実際に運用されているところはまだまだ少ないといわざるをえません。 平成26年11月 6日に成立し、平成26年11月12日に公布された「サイバーセキュリティ基本法」 等の新たに成立した法令等を踏まえる。

次の

総務省|「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」等の公表及び意見募集の結果

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

つまり、学びが中心であり、それを妨げるようなルールではいけません。 ですから皆さまには、一歩ずつこの「あるべき姿」に向かっていってくださればいいと考えています。 (中小企業庁による民間企業向けBCPガイドライン。 オンライン本人確認やクライアント証明書などの事業を持つサイバートラストとの協業関係のもと、長年の経験を持つ電算が、自治体のデジタル化に向けた価値提供をお届けいたします」と自信をのぞかせます。 他の部署の情報を使う場合のルールを定めている例がある(例えば、要援護者情報など)。 セキュリティ全般の情報源についても以下でまとめていますのでよろしければご一読ください。 私もすべての意見を読み、文部科学省の担当者と一緒に頭を悩ませました。

次の

【イベント】地方公共団体様向けセキュリティ強化セミナー ~ガイドライン改訂およびマイナンバ―対応~(2015/8/4,5,26)

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

(総務省による地方支分部局公共団体向けICT部門のBCPガイドライン。 それでも地方公共団体の取り組みが遅れているのはなぜでしょうか。 セキュリティ対策の実施を条件に、パブリッククラウドやテレワークなどインターネット接続を活用したあらたなシステム体系を「ベータモデル」として示した。 先生方からの意見だと思いますが「これから学校のICT化を進めようとしているのに、こんなに厳しいルールが作られると困る」といったものが半分ぐらい。 文部科学省は、それ以前も情報セキュリティには触れてきましたが、教育のICT化と併せた形で情報セキュリティに言及したという意味で、この加速化プランは非常に大きな意味を持っています。 例えば、教員1人1台のコンピュータの整備が完了していない学校で、ほかの自治体と同じ情報セキュリティポリシーを運用するのは無理があります。

次の