Jal ファースト クラス。 JAL国内線ファーストクラスを全力で楽しんだら元が取れるのか?身体を張って検証してみた

【夢のJAL国際線ファーストクラス搭乗記】JALマイルがあれば誰でも搭乗できる!

jal ファースト クラス

さらに、搭乗後はソファのような座り心地抜群の革張りの座席シートが利用でき、機内食やアルコールの提供まであります。 JAL国際線特典航空券の空席検索を利用して調べてみました。 sk-free-journal. まとめ 1 ファーストクラスに実質無料で乗るには マイレージを活用している方は、マイルを貯める事で実質無料でファーストクラスを利用することができます。 普段こんなにおしゃれな食事をすることがあまりないので、どんな味か気になりましたが、そんなにグリーンピースが強く主張していなくて、食べやすかったです。 前後から複数枚の写真を撮っておきました。

次の

【搭乗記】JAL国内線ファーストクラスB767

jal ファースト クラス

また、個人的に気に入っているのが保湿マスク。 機内食は上記のようなメニューとなり、弁当タイプではなく食器です。 そんな時に羽田空港で利用したいのが、キャセイパシフィック航空ラウンジ。 確かに国内線とは言え「羽田-沖縄」などは、3時間を超えるフライト。 ユニークな形をしていますが、取っ手が持ちやすくて非常に良かったです。 ゆったり設計とは言え、ちょっとなあといった印象でした。

次の

JAL国内線ファーストクラスを全力で楽しんだら元が取れるのか?身体を張って検証してみた

jal ファースト クラス

ただし、特便21は、羽田-那覇は設定されているのですが、羽田-伊丹など設定されないことも。 特に、海外出発便や中距離線、深夜出発便などは、日本発の長距離線昼行便に比べて、メニューが選べず1種類のみだったり、自由に選べるアラカルトの種類が数分の1しか提供されていないなど、本当に同じファーストクラスの機内食なのかと驚くような機内食の内容になってしまうことも。 また、ファーストクラスの設定はあっても、マイルを利用した特典航空券には席を開放していないようなケースもあります。 また、機内ではシャンパン(もしくはスパークリングワイン)が提供されます。 また食後にも「食後に何かまた飲み物お持ちしましょうか?」とも聞かれアイスコーヒーをもらいました。 気になったのが、1日に必要な野菜が簡単に取れるサンシャインジュースDJ。

次の

JALファーストクラス搭乗記!東京からニューヨークへ(成田→JFK)|飛旅

jal ファースト クラス

おつまみ 300円• JALで唯一生き残る中距離国際線ファーストクラスは繁忙期のホノルル線 そのようにJAL国際線ファーストクラスの中でも、特別な存在だったものの、惜しまれつつも定期的な運航が廃止された中距離線での国際線ファーストクラスですが、実は完全になくなってしまったわけではありません。 com www. 私の場合は、事前に機内食の種類を確認して、和食の場合はカレーパンを、洋食の場合は「お握りとみそ汁」を選んでいます。 ブラックを基調としたシックな感じがかっこいいですね。 テーブル自体も大判で、食事はもちろんPC作業も楽々でした。 優先搭乗 500円• 至れり尽くせりか!というくらいに大満足のファーストクラスのサービスです。

次の

え?この値段で?ANA JALファーストクラスに実質無料で乗る方法

jal ファースト クラス

なぜなら、過去には、• ちなみにサロンですが、1本で10万円ほどするマジの高級シャンパンです。 また、ブランデーやウイスキーなどといった洋酒も写真の通り、充実しています。 新規シートの出荷停止などの措置を受け、767用シートを新規に製造するにあたり、メーカーが天龍エアロコンポーネントへ変更された。 用意して頂いている間にお手洗いを済ませて、座席に戻るとベッドが完成しています。 飲食店モニターは還元率が30%だとすると、飲食代が5千円の場合、1,500ポイント付与されますが、行きたくないお店で5千円払って、結果1,500円しか返って来ないなんて損ですよね!通販の場合もしかりです。 ビジネスクラスラウンジ相当ながら、このラウンジでも専属スタッフによる注文してから調理してもらえる作りたての料理が提供中。

次の

JAL、羽田空港/成田空港の国際線ファーストクラスラウンジを7月1日営業再開。サクララウンジ対象者も利用可

jal ファースト クラス

ます、アメニティボックスは高級ブランド 「エトロ」のケースで、中身は歯ブラシ・クシ・アイマスク・マスク・耳栓・マウスウォッシュなどなど。 おにぎりは 150円、お味噌汁 150円、ビール 500円、シークワサージュース 300円とします。 ウイスキーコーラ割り1杯 400円 JAL国内線ファーストクラスの機内サービス ファーストクラスは機内に入る時もVIPです。 これが 往復16万マイルあれば、特典航空券で発券できるのがマイルの魅力です。 一人でこの機材のファーストクラスに搭乗するなら、個人的には 断然このD席がオススメ! 一番パーソナルスペースが広く取れるため、お隣が知らない方でも気軽にお話がしたいという方でない限り、精神的に楽に過ごせること間違いなしです。 サクララウンジだとかソフトドリンク&柿ピー程度です。 優先保安検査場・優先手荷物サービス ファーストクラスをご利用のお客様は保安検査がスムーズになります。

次の

JAL、羽田空港/成田空港の国際線ファーストクラスラウンジを7月1日営業再開。サクララウンジ対象者も利用可

jal ファースト クラス

つい先日乗ったは、明らかに全てを一新していたのでわかりやすかったのですが、旧式のシートにもこれほど違いがあるとは思いませんでした。 長いフライト中には、出来るだけ手元に荷物をしまっておきたいものですよね! オットマンの下には、十分な幅・奥行きの収納スペースが設けてありました。 その広い足元のスペースを荷物の置き場所としても活用できるため、利用する機会は少ないのですが、頭上の荷物入れも他の人との共有を考える必要が無いくらい、広く使えるのはファーストクラスだからこそですね。 従来JALの国内線用ファーストクラスのシートは、KIホールディングス(旧小糸工業、6747)が製造していた。 おつまみ 200円、ウイスキーのコーラ割りは 400円としましょう。 アイマスク• 10月のオススメドリンクは、「 あおしまみかんジュース」です。

次の

JAL国内線ファーストクラスJL919/JL908羽田⇔那覇搭乗記

jal ファースト クラス

そして、デザート。 オンライン教育では、Zoomを使って約16人が参加。 遊びの最大の目的は 「JALファーストクラスラウンジ」です。 この日はほとんどとんぼ返りだったので、羽田発便の食事から3時間くらいしか経っていなかったのですが、量が控えめなので問題なく完食。 シートや設備が良いのももちろんなのですが、なんと言ってもキャビンアテンダントの方々のプロフェッショナルぶりが印象に残りました。

次の