青葉 シンジ 小説。 青葉容疑者の小説は本当にパクられたのか?【京都アニメーション放火】

青葉容疑者の小説は本当にパクられたのか?【京都アニメーション放火】

青葉 シンジ 小説

「でもまぁ、こうしてご飯を食いに行けるのも、明日からは普通に戻れるようになるのも、今日体を張って戦ってくれたシンジくんのおかげだよ。 デイズニーという大御所もそうですし、ビジネスとしてアイデアを盗むということがクリエイター業界では日常的にあるのですから。 パクられたとしても、違法行為かどうかが問題になるのであって、思い込みの範囲ではパクられていても、パクられたとは言い難いのでは? 本当にパクられたのかどうかは、当事者同士にしかわかりません。 青葉真司容疑者はそのような輪にも入らず独りよがりだと言えるでしょう。 今は、インターネット上に、同じような文章が無いか調べられる機能もありますし、まず、京都のアニメ会社の社員のどなたが、他人の小説を盗むとは考えられません。 国内最大級の小説投稿サイトとして知られ、日本のウェブサイトの中でも上位のアクセスを獲得している。

次の

京アニ放火殺人「青葉真司」と「パクり小説」の真実は……「アニメ界の巨人」を狙った事件の裏

青葉 シンジ 小説

本当に小説を執筆していたのであれば、暴力的な手段ではなく、法律に則った手段を選んだ方が補償を求める場合においても、京アニは一応企業なので金銭的にも対応できるでしょうし、京アニにパクられた自分はすごいといって自分の存在を世の中にアピールすることができたはずです。 そのため、彼が本当に小説を書いていたのかどうかすら、あやしいのではないかと思います。 はたまた、青葉容疑者のただの被害妄想なのか。 シンジがそこに目を向けると、今まさに色んなビルが地面から伸びている真っ最中だった。 なんというか、シンジくんを見ていると、とても他人とは思えないというか……」 青葉はしどろもどろになりながらも、言葉を紡ぐ。 出典: 同姓同名で住所も一致しているということで、これに応募していたことは間違いないようです。

次の

青葉シゲルだけ二週目の新世紀黙示録

青葉 シンジ 小説

「おかえり」 青葉は笑顔でそれを迎える。 ここまで話したこと自体、初めての事だった。 そして「許せない」「なんでこんなことを」と、怒りと疑問の声が殺到している状況だ。 トラブルが起こった隣人の方のインタビューから、その時の青葉容疑者の発言を知りました。 そもそも自分が書いた小説はきちんとネットや同人誌等でオリジナル作品として投稿、出版されているのかが問題です。 容疑者の隣に住んでいる住民は、部屋から騒音が出ていると疑われ勘違いだと説明するも全く話にならず、その後胸倉を掴まれ罵声を浴びせられたという。 残された二人の間に気まずい沈黙が流れる。

次の

【小説盗作疑惑】青葉真司はなろう作家説 類似作品が京アニで売れて嫉妬? │ 黒白ニュース

青葉 シンジ 小説

さらに小説と言ってもアイディアが似たり寄ったりになることはよくあることですし、精神疾患があったとされる青葉真司容疑者の妄言では無いかと予想する人もいるようですね。 世の中似たような小説、ネタはいくらでもあります。 医療従事者であればすぐにピンとくると思います。 それに、本当にパクられた、盗作されたというのであれば、取るべき行動は他にももっとあったと思います。 この青葉容疑者もそういうひとりでしょう。

次の

京アニ放火殺人「青葉真司」と「パクり小説」の真実は……「アニメ界の巨人」を狙った事件の裏

青葉 シンジ 小説

たとえば楽器が出せない音の音楽が成り立たないように、何事にも枠組みがある以上、類似性はかなりの確率で発生するし、それをパクリとは言いません。 もし、青葉容疑者の書いた小説を盗んだとしても、その行為は、商品としてパッケージ化する前に分かってしまうと思います。 より このほか京アニには、クレームや脅迫がたびたび届いており、その都度対応していたという。 青葉容疑者は一方的に小説ネタを盗用されたと思いこみ、恨みをもったのではないかと思います。 「さすがに中学二年生の男子が葛城一尉みたいなお方と住むのは、ちょっと健全ではないかな、と」 「はぁー??なにそれぇ! あたしをなんだと思ってんのよぉ」 「一理あるわね……」 「リツコもなによ! さしものあたしでも中学生に手ぇ出すわけないっちゅーの!」 ミサトはぷりぷりと怒りを露わにする。 真実が明らかにならない限り、本当にパクられたのかパクッたのかはわからないままでしょうね。 容疑者の応募は確認できていないという。

次の

京アニ放火殺人「青葉真司」と「パクり小説」の真実は……「アニメ界の巨人」を狙った事件の裏

青葉 シンジ 小説

「青葉容疑者は身柄を確保された際『小説を盗まれたから放火した』と語っていたようです。 戦場に立った時点でそれは凄いことなんだから。 彼は以前にもご近所さんとの騒音トラブルやコンビニ強盗などの数回の事件や問題を起こしており、その際にも不可解な供述をしているそうです。 つまり青葉容疑者は、精神疾患があり被害妄想、幻聴、幻覚などがあった可能性があると予測されます。 お邪魔します…」 「今日から君の家でもあるんだから、 ただいま、でいいよ」 「あ、えっと、ただいま…」 シンジは少し躊躇った後、照れたようにそう言った。 そうではなく、怒りの矛先が京都アニメーション全体に向かってしまったことを考えると、たまたま京都アニメーションの作品のある場面が自分の小説に似ていた、といった事が考えられるのではないでしょうか。 確保を目撃した女性によると ・京アニにアイデアを盗まれたというような内容を口にしていた ・パクられたことを警察に一生懸命訴えていた ・京アニに対しての恨みがあるような言い方をしていた また、青葉真司容疑者は「パクリやがって!」「小説を盗んだから放火した」などと叫んでいたという。

次の