さび と まこ も。 さびまこの子供に転生した?!

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

さび と まこ も

ルーズリーフに文字を書きなぐる。 可愛い。 最初は彼女の唇と自分の唇を重ねるだけのキス。 ぎゅっと2人の距離は完全にゼロになる。 154• さびまこの子供に転生してしまった?! 一向に離そうとしてくれない。

次の

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

さび と まこ も

錆兎は愛おしい気持ちでいっぱいになった。 141• 172• 「もっと」 熟れたりんごのように真っ赤な顔をした彼女は、恥じらいながら呟く。 さっきまでの不快さはどこかに転げ落ちて、真菰の愛らしさにもう夢中だ。 そう安堵する思いもあれば、なにか引っかかる感じもする。 116• もう寝ろ。 145• 143• そう思った時事の発端が走馬灯のように思い起こされた。

次の

【鬼滅の刃】錆兎(さびと)と真菰(まこも)考察、炭治郎にとって兄弟子にあたる存在!

さび と まこ も

102• 【スポンサーリンク】 錆兎(さびと)と真菰(まこも)考察、炭治郎にとって兄弟子にあたる存在! 今回は錆兎と真菰についての考察…ってことで、まずは以下の錆兎からチェックしていこう! 最初はお面を付けてたから顔がわからなかったけど、めっちゃ優しい顔をしているね! 口から耳にかけて大きな傷があるのも、かれの大きな特徴だと言えそう! 鬼滅の刃1巻より引用 錆兎の外見はこんな感じ! 最終選抜に進むために、巨大な岩を斬る試練に挑んだ炭治郎。 131• 106• 痺れる。 「くちには、してくれないの」 ぽつり。 128• 彼女の口から甘い吐息が、声が漏れ始める。 そう一瞬の休息を、彼女は堪能する。 164• 100• 175• 155• 148• 104• 178• そして下唇、また上唇と甘噛みの位置を変えていく。

次の

#さびまこ 【さびまこ】ふたりとくちびる

さび と まこ も

189• 173• 誰も見ていない。 錆兎はまた大きくため息。 ピーンポーン インターホンの音が鳴る。 角度を変えて、何度も甘噛みする。 耳に、脳内にそれらが直接響いていく。 挫折しそうな状況の中で炭治郎が出会い、導くように立振舞てくれたのが彼ら2人なわけだね! 鱗滝さんのかつての弟子…ってことなんだけど、炭治郎が見た彼ら2人は何だったんだろうか? 幽霊的なアレだったのか、それとも炭治郎が岩から感じ取った思念のようなものなのか…。

次の

「色々捏造注意⚠️ さびまこ 」

さび と まこ も

199• とにかく離れて、謝ろうと思った。 21時52分。 170• 「真菰。 しかし真菰の腕は離れない。 苦しい。

次の

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

さび と まこ も

187• 126• 116• 「かえってきたよ〜」 いつもより上機嫌の真菰が、錆兎の頬に自分の頬をすりすり、擦り寄せていた。 固まったまま、錆兎はそれを受け入れていた。 錆兎は考える。 158• その仕草にくすぐっそうに、彼女は肩をはふるわせる。 その声にぼうっと脳が溶かされ始めた。 151• 152• その願い聞き入れた』 ふいに声が聞こえてズルズルと引きずられていく私 そして... 130• 何度も、何度も、角度を変えて、酸素を、思考を奪っていく。

次の

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

さび と まこ も

157• そう思った時、錆兎は彼女の唇に食らいついてしまう。 | | | 令和元年。 119• 考えてみると、誰かから教えてもらう…というのには、ある程度限界があったりする。 ぞわぞわする。 111• 強く握られた手のあたたかさに、ハッと我に返る。

次の

【鬼滅の刃】錆兎(さびと)と真菰(まこも)考察、炭治郎にとって兄弟子にあたる存在!

さび と まこ も

185• 頭の芯がじんと痺れ始める。 「きょうね」 ぽつりと彼女は言葉を発した。 122• 105• しまったなと思いながら錆兎は玄関の扉を開ける。 190• 188• 眉間に皺を寄せて、左手で皺になった所を揉んだ。 参考文献に付けた付箋を目印に、錆兎は読み進める。 115• 「ゼミ飲み会だとおもったら、合コンだったの。

次の