サイバー セキュリティ 戦略 本部。 政府の「サイバーセキュリティ戦略本部」が正式発足、NISCも改組

セキュリティは健康管理と同じ? 脆弱性対策でサイバー攻撃の大半は防げる

サイバー セキュリティ 戦略 本部

この本部が司令塔としての役割を十分に果たすことを期待し、私からの御挨拶とさせていただきます。 資料7 2020年東京大会に向けた取組状況について• 資料3 国立研究開発法人情報通信研究機構の中長期計画の改正案に対するサイバーセキュリティ戦略本部の意見(案)• 資料4 政府のサイバーセキュリティに関する予算• NECのサイバーセキュリティ戦略本部を率いる石井俊行本部長と、スマートネットワーク事業部の後藤淳シニアマネージャーに、アイティメディア エグゼクティブ・プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。 新たな技術の活用及び研究開発の推進• 「サイバーセキュリティ戦略本部の開催に当たり、一言、御挨拶申し上げます。 さらにNECグループには国内トップクラスのサイバーセキュリティ技術者を擁する「株式会社サイバーディフェンス研究所」や「株式会社インフォセック」があり、彼らと連携して業務遂行する中で、サイバーセキュリティの技術力を磨くことも可能だ。 国が企業のデータ管理に強い影響力を持つ中国を意識している面もある。 各省庁のサイバーセキュリティ担当者は当然各省庁に属していますね。

次の

サイバーセキュリティ担当大臣の発言に潜む「真の問題点」とは

サイバー セキュリティ 戦略 本部

サイバーセキュリティ担当大臣に限ったことではありません。 「NECはさまざまな事業を手掛けており、NECやグループ企業内に多様な人がいることが強み。 議事次第•。 サイバーセキュリティ基本法制定の経緯 2014年11月、サイバーセキュリティ基本法が可決・成立し、翌年1月に施行された。 資料8 2019 年「サイバーセキュリティ月間」(2月1日〜3月18 日)について(案)• まずはNTTDATA-CERTについて説明しておこう。 行政各部におけるサイバーセキュリティの確保に関し必要な助言、情報の提供その他の援助及びサイバーセキュリティの確保のために必要となる監査。

次の

内閣サイバーセキュリティセンター|内閣官房ホームページ

サイバー セキュリティ 戦略 本部

資料4 2018年「サイバーセキュリティ月間」(2月1日〜3月18日)について(案)• しかし、官公庁のウェブサイト改ざんが起こるなど政府機関などへの攻撃も激化。 「新たなサイバーセキュリティ戦略」の目的 「新たなサイバーセキュリティ戦略」における「本戦略の目的」では、今後3年間の政府としてのサイバーセキュリティにおけるさまざまな取組を支える、基本コンセプトが述べられています。 -内閣サイバーセキュリティセンター(NISC サイバーセキュリティ基本法の施行にともない、旧NISCを改組して、内閣官房に設置された。 資料1 研究開発戦略専門調査会委員名簿• 資料4 2018 年平昌オリンピック・パラリンピック競技大会における状況• 脆弱性を突いたランサムウェア「WannaCry」 浅井英二(以降、浅井) これまでのサイバー攻撃を振り返ってみると、特定の情報を狙ってウイルスが添付されたメールを送信する標的型攻撃や、WannaCryに代表される金銭を狙ったランサムウェア攻撃、Webサイト経由で個人情報を盗む不正アクセスなど、次々と新しい攻撃が登場しています。 資料6 サイバー攻撃による重要インフラサービス障害等の深刻度評価基準(初版)(案)• 資料6 「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画」の見直し骨子• )の確保に支障を及ぼし、又は及ぼすおそれがある重大な事象の原因究明のための調査に関すること(内閣情報調査室においてつかさどるものを除く。

次の

セキュリティは健康管理と同じ? 脆弱性対策でサイバー攻撃の大半は防げる

サイバー セキュリティ 戦略 本部

国内外のインシデント情報の集約機能強化と官民連携の仕組みの強化• さらに同法は、サイバーセキュリティ脅威や社会情勢を加味して2019年6月時点ですでに、二回改正されている。 こうした経緯を踏まえ、2020年に開催される東京オリンピックに向け、官民が連携してサイバーセキュリティ対策を講じることが求められている。 新戦略では、サイバーセキュリティを、災害対策などと同様に、「リスクマネジメント」の一環と位置付けるべきであるとした上で、経営層に対して、サイバーセキュリティをIT部門やシステム部門に任せきりにせず、経営上のリスクとして取り組む必要がある、と提言しています。 資料1 第9 回会合における主な指摘(事務局) (注)資料非公開• 内閣サイバーセキュリティセンター NISC 第22回会合(令和元年5月23日)• 内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因 3-4. 改正案は、2019年4月に施行されている。 旧NISCは、情報セキュリティ政策に関する基本戦略の策定や、重要インフラに関する情報セキュリティ対策の官民連携を推進するなど、国の情報セキュリティ対策を実行に移す中で重要な役割を担ってきた。

次の

平成27年2月10日 サイバーセキュリティ戦略本部

サイバー セキュリティ 戦略 本部

(1)システム全体を見える化し、脆弱性の情報収集・調査・対処を支援:NEC Cyber Security Platform (2)仮想パッチによる応急処置:サーバセキュリティサービス (3)Webサイトの脆弱性を突いた不正アクセスを検知・防御:クラウドWAFサービス これらの3つのソリューションは、NECが運用の一部を支援するため、自社だけではセキュリティ対策が不安なお客さまに有効です。 政策調査員 グループ [ ] 「NISC組織体制」に基づく• セキュリティエンジニアとしてスタートして、アナリストやアーキテクト、コンサルタント、プランナなど、さまざまな選択肢の中でキャリアを形成し、経験値を高めていける」(峯岸氏) 「このように社内には多様なキャリアパスが整備されているが、加えてNECは官公庁やセキュリティ関連団体、そして大学などの研究機関との積極的な人材交流を行っている。 NEC スマートネットワーク事業部 後藤淳シニアマネージャー また、仮想パッチは、衝立を手前に置くだけなので、セキュリティパッチの適用のように検証することなく迅速に脆弱性に対応できます。 Windowsのファイル共有機能であるSMBの脆弱性(MS17-010)を悪用して感染を拡大した。 サイバーセキュリティ対策は人の健康管理と同じ? 浅井 われわれメディアも「ますます巧妙化する手口」といった言葉で注意を促していますが、実際のところ、脆弱性を塞ぐという、大切な基本が、まだまだ出来ていなかったということですね。

次の

サイバーセキュリティーとは

サイバー セキュリティ 戦略 本部

吉田氏は「サイバーセキュリティ基本法ができたことで、日本のサイバーセキュリティ体制を支える背骨がしっかりできた」と語りました。 「サイバーセキュリティ基本法の一部を改正する法律」では、サイバーセキュリティに対する脅威が一層深刻化する中、我が国におけるサイバーセキュリティの確保を促進し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に万全を期すため、官民の多様な主体が相互に連携し、サイバーセキュリティに関する施策の推進に係る協議を行うため、国の行政機関や地方公共団体、重要インフラ事業者、サイバー関連事業者、教育・研究機関などが参加する「サイバーセキュリティ協議会」を設置し、情報共有等を図っていくことが定められています。 事案対処分析グループ 脚注 [ ]. 当初は300人の参加を目標にしていたが、口コミで噂(うわさ)が広がり、最終的には600人近くが参加した。 議事次第• 社内での認知度を向上させ、セキュリティ意識を啓発すると同時にCSIRTの存在を周知徹底すべきというわけだ。 政府機関、電力や鉄道などの重要インフラ、流通業や製造業などの民間企業に至るまで幅広い分野が対象になっている。 企業や社会のICTシステムへの依存度が高まる一方、標的型攻撃による情報漏えいやランサムウェア感染、DDoS攻撃によるシステムダウンなど、サイバーセキュリティ関連のインシデントも増加の一途をたどっている。 高まるサイバーセキュリティの脅威に対し、制度面から国のセキュリティ強度を高める狙いがあるとみられる。

次の

サイバーセキュリティーとは

サイバー セキュリティ 戦略 本部

資料2 サイバーセキュリティ政策に係る年次報告(2014年度)(案)• そうした人たちとディスカッションしながら、セキュリティの観点から現状のお客さまが抱える課題を把握し、最適なセキュリティ対策を提案できるようにしている」(青木氏) 幅広いセキュリティ人材定義、多様なキャリアパス そんなSECだが、構成メンバーの経歴はさまざま。 「インシデントが発生したときは親身になって相談に乗り、我々が対応すればすぐ事件が収まるのだと示しました。 各省庁間の縦割りによるセキュリティ対策では限界があることは、2000年1月に発生した中央省庁のウェブサイト連続改ざんで露呈。 重要インフラグループ• サイバーセキュリティ運用専門官• 資料8 2016 年リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック競技大会における状況• 中小企業のサイバーセキュリティ対策の推進も支援するとしており、AIやIoTを安全に活用できる社会の実現を目指していく。 資料1 政府情報システムにおけるクラウドサービスのセキュリティ評価制度の基本的枠組みについて(案)• 旧NISCは、情報セキュリティ政策に関する基本戦略の策定や、重要インフラに関する情報セキュリティ対策の官民連携を推進するなど、国の情報セキュリティ対策を実行に移す中で重要な役割を担ってきた。

次の