ガセム ソレイマニ。 ガーセム・ソレイマーニー

焦点:イラン司令官、死につながった米軍攻撃計画の内幕:朝日新聞GLOBE+

ガセム ソレイマニ

ホワイトハウスのロバート・オブライエン国家安全保障問題担当顧問は3日、記者団に対し、ソレイマニ司令官はダマスカスから戻ったところであり、「(そこで)彼は米国の陸空海軍・海兵隊の将兵、外交官らに対する攻撃を計画していた」と語った。 すべては、これからの数日間と数週間の展開次第だ。 私たちの協力は、シリア、アフガニスタン、イラク、イエメン危機の政治的打開策の追求のため、またシリア、イエメンの人々への人道支援のための、非常に有益かつ緊密な協力であった」。 やがて、アメリカも大規模な軍事介入が避けられなくなり、海兵隊の上陸や核戦争にも発展するだろう。 2020年1月6日閲覧。 いいえ、その展開は考えにくい。

次の

トランプ氏の“狂気”に正恩氏震える!? イラン・ソレイマニ司令官の爆殺で…北朝鮮は挑発行為を停止 識者「正恩氏は『自分の身も危ない』と精神的に追い詰められた」 (1/3ページ)

ガセム ソレイマニ

2020年1月6日閲覧。 2008年、の組織幹部だった ()のするイラン調査団を率いた。 アメリカは、ISの残存勢力を打倒するため、イラク軍の訓練のため、あるいは軍事顧問として米兵5000人をイラクに駐留させている。 ソレイマニ司令官は、イラン革命防衛隊で対外工作を担う特殊部隊「コッズ部隊」を20年以上、率いてきた比類なき軍事指導者だ。 above-portrait-tablet• comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 イラクで1月に実施された攻撃では、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官が殺害された。

次の

焦点:イラン司令官、死につながった米軍攻撃計画の内幕:朝日新聞GLOBE+

ガセム ソレイマニ

そして、今回のソレイマニ司令官殺害によって、中東で何百人ものアメリカ人を犠牲にするテロの発生を遅らせたり、少なくさせたりできると指摘した。 その立役者がコッズ部隊であり、ソレイマニ司令官だった。 ロケット弾攻撃は親イラン派勢力が実施したとされている。 2017年3月22日. もう、取り返しのつかない事態だ。 イラン司法当局の公式ニュースサイト「ミザン・オンライン」で、「イラン司法当局は36人に対し逮捕状を出した」と明らかにしている。

次の

焦点:イラン司令官、死につながった米軍攻撃計画の内幕:朝日新聞GLOBE+

ガセム ソレイマニ

例としては、国際テロ組織アルカイダ()創設者のウサマ・ビンラディン()容疑者や、直近ではイスラム過激派組織「イスラム国()」の最高指導者アブバクル・バグダディ()容疑者の殺害作戦がある。 2015年3月31日閲覧。 法務省入国管理局. 故に、イラクやシリアにおけるダーイッシュの台頭後、ソレイマニ中将が地域に現れ、民兵を組織化し、テロ組織と戦い、そして掃討した。 10月中旬、イランのガセム・ソレイマニ少将は、イラクのシーア派民兵組織の協力者と会合を開いた。 The New Yorker. 今後数カ月間で、実際その通りの展開になる可能性もある。 2015• above-phone• tabnakjavan. 「暗殺を法的に正当化するものはない。 バイジ奪還戦 2014—15• しかし、これは中東と、中東におけるアメリカ政府の役割にとって、決定的な瞬間になるかもしれない。

次の

米がイラン精鋭部隊司令官殺害 WCC、両国に「最大限の自制を」 対立激化に強い懸念 : 国際 : クリスチャントゥデイ

ガセム ソレイマニ

またイランは、すぐにでもホルムズ海峡を封鎖することが可能だ。 <米軍への攻撃は増加・高度化> イラク国内では、米軍部隊が駐留する基地に対しイランの支援を受けた組織による攻撃が増加、その手段も高度化していた。 イランはかねて、原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡の封鎖を警告しており、アメリカのシンクタンクも、イランが海峡を短期間にわたって封鎖するのは可能だとする報告をまとめている。 そのような事態にはたとえばロシアや中国といった国が主要なアクター 当事者)になるだろうが、今の事態で両国ともさほど大きな役割を果たしていない。 量と質の両面で軍事的に劣勢に立つイランが、アメリカ軍に真っ向勝負を挑めば、自爆的な戦いにならざるを得ない。 また、レバノンのヒズボラやイエメンのフーシ派、パレスチナのイスラム原理主義組織イスラム聖戦などの組織がイスラエルやサウジを狙った攻撃を激化させるおそれもある。

次の

焦点:イラン司令官、死につながった米軍攻撃計画の内幕:朝日新聞GLOBE+

ガセム ソレイマニ

しかし、周辺全域に火をつけることで影響力を拡大したいなら、イギリス軍は否応なく巻き込まれる。 限定的な報復か、あるいは何も起こらないのか。 それは、ハメネイ師がソレイマニ氏の死亡を受け、イラン全土が3日間喪に服すことを発表したことからもうかがえる。 そしてイランは、上述したような民兵組織を通じて、イラク国内で大きな影響力を持つ。 BBC News. は、「」でを打倒することによりした。 の際は戦場に加わり、指揮官として参加した。

次の

【解説】米のイラン司令官殺害 前例なき作戦が生む疑問 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

ガセム ソレイマニ

しかし今回の攻撃と、それに伴い予想される反応は、この地域におけるより悲惨でさらに広範囲な対立を引き起こす恐れがあります」とコメント。 McClatchy Newspapers. 犯した罪から逃れることも、ベッドで看取られることも、無理なことは承知していたはずだ。 「革命防衛隊」「コッズ部隊」の存在 アメリカが2018年にイラン核合意から離脱した後、両国間の緊張が高まり、2019年には、ホルムズ海峡周辺でタンカーに対する正体不明の攻撃が相次いだほか、アメリカ軍無人偵察機をイランが撃墜。 イラクに駐留する米軍への攻撃を画策し、やがて自らの死を招く事態につながる戦略会合だった。 2014年、イラクのモースルがダーイッシュに占領され、同国の首都バグダッドもまた、陥落の寸前まで行ったが、ソレイマニ司令官は、イラクからのダーイッシュの排除において有効な役割を果たし、当時のイラク首相のハイダル・アバディ氏は、ソレイマニ司令官を、ダーイッシュ掃討作戦におけるイラクの最も重要な同盟であると語った。 第二に、何事も回避しようと思えば回避できる。

次の

ナンバー2暗殺されたイランの「報復」とは何か アメリカとの全面戦争はありえる?

ガセム ソレイマニ

九州・沖縄• 彼自身とムハンディス氏は首都バグダッドに向かう途中、搭乗する車列が空爆を受けて死亡し、米国・イラン両国間の緊張は一気に高まった。 【翻訳編集】 AFPBB News 【解説】米のイラン司令官殺害 前例なき作戦が生む疑問 【1月4日 AFP】米国は、イラクの首都バグダッドで行った空爆で、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官を殺害した。 62歳のソレイマニ少将は、アヤトラ・アリ・ハメネイ最高指導者に次ぐ国内ナンバー2の有力者と見なされていた。 従軍後すぐにその勇敢さを認められ 、20代で長となりほとんどの戦線に参加した。 com. 一方イランの国営メディアは、米軍のヘリコプターが攻撃を実施したと伝えた。 landscape-tablet-and-below. これをアメリカが察知したこと自体、米諜報活動の正確さと規模をあらためて示したし、アメリカの諜報力は完全無欠では決してないものの、イランは今後の対応を検討する上で、計算に含めなくてはならない。 2014• イラク北部キルクーク(Kirkuk)で先週発生した軍事基地に対するロケット弾攻撃で米国人民間業者が死亡したことにより、「情勢が一変した」と述べていた。

次の