デ トマソ パンテーラ。 国内外のセレブを魅了した伝説のスーパーカー〝デ・トマソ・パンテーラ〟

スーパーカーブームを築いた名車「デ・トマソ・パンテーラ」を振り返る!中古車は買える?

デ トマソ パンテーラ

歴史感じる深みあるボディ 40年の時を超えて尚輝く 新車では絶対に纏えないオーラがある。 トラック• 「パンテーラGT5」で採用されたスポーティな外見の特徴を活かしつつ、サイドステップが廃止されています。 デ・トマソまたは デ・トマゾ(: De Tomaso)は、の自動車メーカーである。 ヘッドライトウォッシャー ご注意事項• ハイブリッド• 今回見つけたパンテーラは、パッと見では私にも判断がつかない状態だったが、どうやらちょうど72年から追加されているデ・トマソ パンテーラLのようだ。 初代のパンテーラから2年後の1972年にイタリア語で「豪華」を意味する「Lusso」の頭文字「L」を車名につけた2代目「パンテーラL」がデビュー。 ワンセグ• ローダウン• 助手席エアバッグ• ・「携帯電話」「PHS」でも無料電話をご利用いただけます。 クリーンディーゼル 内装• イタリア・モデナの工場で生産され、北米市場ではフォードの網で販売されたパンテーラ。

次の

デ・トマソ・パンテーラ

デ トマソ パンテーラ

盗難防止装置• 、会社はアレハンドロの遺族によって解散された。 フルエアロ• 予想レンダリングCGだけでなくプロトタイプの画像も公開されています。 SDナビ TV• アメリカではフォードの整備された販売網を利用し、全世界で20年間にも渡って、7000台以上が販売され続けました。 「パンテーラGTS」は、ボンネット、エンジンフード、ボディの下半分がマットブラックのツートーン仕上げのカラーリングが特徴となっています。 スタート時点での作りが甘いのもあるが、イタリアとアメリカの間の子ということで、両方の旨味もありつつ悪い部分も共有してしまっている。

次の

京商オリジナル 1/18スケール デ・トマソ パンテーラ GT4 1975 LM #43

デ トマソ パンテーラ

ランフラットタイヤ• だが、このパンテーラが酷いという事はない。 アレハンドロは技術者でも、新事業を積極的に立ち上げることに野心を燃やす実業家でもなく、として腕を鳴らした人物だった。 ウォークスルー• バックカメラ• 001mmのミスで破綻してしまうのがチューニングの怖さだ。 いや、仮に用意されていてもナローボディの方が剛性的にも有利だ。 フェラーリ テスタロッサ並みの価格が設定されたのです。 スマートキー• 25万円以下• スマートキー• オーナーの「FX」氏はホイールを製造販売している生粋の自動車フリークだ。 新たに一から設計された車両としてになってようやくを登場させたが少量生産されたのみにとどまった。

次の

デ・トマソ パンテーラ (1971

デ トマソ パンテーラ

電動リアゲート リアゲートを電動で開閉させる仕組み。 4WD• 2011年、ジュネーブモーターショーにて復活したデ・トマソはコンセプトカーを発表した。 障害物センサー• フルフラットシート• 寒冷地仕様• しかし、時が流れ、当時の子どもたちが大人になり、スーパーカーブームを一人で再現してしまう つまりコレクションしてしまう 強者が現れます。 シートエアコン• 2003年にアレハンドロが亡くなり、会社は2004年5月に解散された。 USB入力端子• 3列シート• ローダウン• ETC• ドライブレコーダー• フォードとの契約期間であった1971年から1973年の間には6,128台がモデナで生産された。 パンテーラGT5 巨大オーバーフェンダーに大型リア・ウイング 、パンテーラGT5S オーバー・フェンダーがボディ一体型になる 、そしてパンテーラの最終型のパンテーラ7代目「ヌオーバ 新世代 」が、デ・トマソ創立30周年を記念して1991年のトリノ・ショーで発表され、1994年まで生産されましたが、現在もこの車を日本で見かける機会は非常に稀な存在となっています。

次の

デ・トマソ

デ トマソ パンテーラ

スタイリングを担当したのは、当時カロッツェリア ギアに在籍していたアメリカ出身のデザイナー、トム・ジャーダでした。 オートライト• サーキットの狼の誌面を飾ったスーパーカーたちが当時の子どもたちを熱狂させました。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 フロントフェンダーに引かれたピンストライプは、前オーナーの知り合いの消防士の手によるものが元ネタとなっている。 全周囲カメラ カーナビ• 8L 水冷V8OHVエンジンが、見事にアルミシリンダーがアルミヘッドに換装されている。

次の

デ・トマソ

デ トマソ パンテーラ

シリンダーに癖がついたなら、表面をさらってしまえば良い。 1971年、満を持してデ トマソが送り出した第3弾は、世間をあっといわせる1台でした。 エンブレムはアレハンドロの母国・にも使われる「水色・白・水色」の配色にの「」を表す()を組み合わせたもの。 電動格納サードシート 外装• 日本にも並行輸入されました。 【動画】デ トマソ パンテーラ V8エンジンサウンド. それらはすべて自社製の高性能エンジンを搭載していましたが、パンテーラはフォード製のエンジン 5. サンルーフ・ガラスルーフ• どれだけのキャパシティを残せるのか、RAUH WELTの見据える先が気になるところだ。 横滑り防止装置• 電動シート• ミュージックプレイヤー接続可• しかも、外観のデザインのリファインを担当したのは、ランボルギーニ ミウラやカウンタック、ディアブロを手掛けたマルチェロ・ガンディーニなのです。

次の