検察庁 法 改正 案 と は。 「検察庁法改正案」を安倍首相が諦めたホントの理由

社説:検察庁法改正案の廃案 人事介入の懸念は消えぬ

検察庁 法 改正 案 と は

Cozy up! SNSでは、〈 検察庁法改正案の強行採決に反対します〉というムーブメントが巻き起こった検察官の定年を延長する「検察庁法改正案」。 それでも、今回の件に関しては2人の行動は真逆の反応を示したわけだが、その分かれ目は、「ずっとソロで芸能活動を行ってきた」か、「グループとしての芸能活動が長かった」という点に集約されるかもしれない。 大がかりな変更になるので関係官庁の議論がまとまったのが2018年で、法案が国会に出たのが2020年3月。 実際、18日に安倍首相は読売新聞が報じた通りに見送りを表明。 政府は直ちに、変更した法解釈を取り消さなければならない。 政府は、この特例を削除したうえで、検察官の定年を引き上げる改正案を再提出する方針という。

次の

超難解な〈検察庁法改正法案〉の条文を分かりやすく読み解く【訂正あり】(園田寿)

検察庁 法 改正 案 と は

— 水野良樹 mizunoyoshiki このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。 「 検察庁法改正案に抗議します」を最初にツイートしたとされる女性の投稿。 事実の整理が必要である。 当然ながらこの閣議決定には批判が殺到。 それ自体は高齢化社会への対応として一見妥当に見えますが、大きな問題が以下の部分。 検察官定年を巡っては、官邸に近いとされる黒川氏の勤務延長が1月に閣議決定され、野党が過去の国会答弁との不整合から「脱法行為」と追及。

次の

#検察庁法改正案に抗議しますが芸能人バカ発見器の理由?工作員合戦でヤバい?

検察庁 法 改正 案 と は

ただし、内閣は、63歳になった次長検事と検事長を、職務の遂行上の特別の事情を勘案して、公務の運営上著しい支障が生じると認めるときは、その職のまま1年延長させることもできます(22条5項)。 ただし、任命権者である 内閣は、検事総長に対して、国公法81条の7の規定(国家公務員の65歳定年の延長を規定した条文)の読み替え(下記参照)によって、 内閣の定めによってその職のまま1年まで勤務させることができます(22条2項)。 そして、今回改正法案で問題になっているのは、これらの検察官の定年引き上げと定年延長です。 このような法案を、法務大臣も、法務省も関わらず、「内閣委員会」で審議をして、成立させようとしているのである。 このような法改正は、絶対に認めてはならない。 (9条7項)• 抗議の声を上げた芸能人は他にも多数いたが、「若者文化のアイコン」とでも言うべききゃりーさんが声を上げたことに驚く声は多く、きゃりーさんのツイートはネットニュースで大きく報じられるなど、話題を呼んだ。

次の

きゃりーと指原莉乃、「#検察庁法改正案に抗議します」で見えたスタンスの違い: J

検察庁 法 改正 案 と は

政府は「国民生活に影響がないためだ」と強調するものの、検察の独立性に関わる重大事である。 個別人事とはまったく関係ありません。 今回は、内容を合わせるという改正です。 ここから、検事総長、次長検事、検事長は、一般に〈〉と呼ばれて、特別な存在とされています。 国公法を扱う内閣委員会のみで審議し、武田良太国家公務員制度担当相に答弁させる方針で、週明けの委員会で強行採決も辞さない構えです。 改正法案における定年と延長の仕組み まず、検察官の定年は、現行よりも2歳引き上げられて一律 65歳になります(22条1項)。 ちなみに朝日新聞は、 《河井夫妻、30人に700万円超》の見出しで、 《参院選前に持参 県議・市議ら証言》と続く。

次の

主要野党、検察庁法改正案の撤回要求を確認

検察庁 法 改正 案 と は

ある検察幹部は「役人である前に検事たれ、ということだろう」とOBの動きを歓迎し、「政治におもねる検事が出てくるのではないかと疑念を抱かれる仕組みはよくない」と話した。 国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正案については、今国会で成立させるべきだとの考えを改めて強調した。 黒川氏の辞職後、森法相は法務・検察行政刷新会議を設けると表明した。 自民党は、今週内にも衆議院を通過させる意向ですが、この検察官の定年延長については批判的な意見が強く、ツイッターでは何百万もの国民が反対の意見を表明するという異常な事態になっています。 そのため、「森隠し」と野党は批判を強めている。 安倍政権と検察の暗闘から目が離せない。

次の

「検察庁法改正案」を安倍首相が諦めたホントの理由

検察庁 法 改正 案 と は

検察官の定年ですが、現行検察庁法の定年に関する規定は、きわめて単純明快です。 つまり、検事総長は最長で 68歳まで勤務が可能だということになります。 今回の法案は、国家公務員法(国公法)の改正と併せて、検察庁法を改正して、検事総長を除く検察官の定年を63歳から65歳に引き上げ、63歳になったら検事長・次長検事・検事正などの幹部には就けない役職定年制を導入するのに加えて、定年を迎えても、内閣や法相が必要と認めれば、最長で3年間、そのポストにとどまれるとするものだ。 法務大臣の定める準則によって、63歳の検事正を1年まで延長することが可能(9条3項)• 今年の2月8日が誕生日で、その日に退職する予定であった黒川検事長は、定年が半年延びました。 司法(裁判所) これら3つに分ける仕組みのこと。 引用: (画像引用元:) 確かに本当は独立性を持っていなければならない、検察が安倍総理に近しくて延長となるとさすがにやばいですね… そのため、芸能人達までもが「 検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグを付けて抗議をしているのでした。 この法律が通ったら「正義は勝つ」なんてセリフは過去のものになり、刑事ドラマも法廷ドラマも成立しません。

次の

「理由がさっぱり」検察庁法改正、首かしげる現職検事も [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

検察庁 法 改正 案 と は

安倍晋三首相は同日午後、自民党の二階俊博幹事長を首相官邸に呼び、改正案の成立見送りについて協議した。 それがその後、東京高検黒川弘務検事長の定年延長問題が起こり、政府は、国家公務員法の規定を(脱法的に)持ち出して、強引に認めてしまったのでした(これは、63歳の定年直前であった黒川検事長を、65歳定年の検事総長にするためだといわれています)。 これが司法権的抑制機能です。 ツイッター上では「検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグがついた投稿が多く見られ、著名人も投稿している。 それを、強引に導入しようとしているのは、安倍政権が、違法な黒川検事長定年延長を閣議決定して検事総長人事に介入しようとしたことを正当化するため、事後的に国会の意思に反していないことを示そうとしているとしか思えない。 これによって、違法な閣議決定が、その後の法改正によって事実上、正当化されることになる。

次の

検察庁法改正案、なぜ三権分立が揺らぐ?日弁連副会長「検察官は司法に密接に関わっている」

検察庁 法 改正 案 と は

今回の検察庁法改正法案が可決された場合、 施行日は2022年(令和4年)4月1日になるそうです。 週末には、この法案に反対する多くの人々が、ツイッター上で「 検察庁法改正案に抗議します」などの声を上げた。 そこで、この法案については、黒川検事長に対して行った脱法的な延長を、法改正といういわば後付けで正当化するものではないのか、そして、そこに内閣の強い関与を規定することによって、ときの政権に都合のよい者についてだけ定年延長と役職延長を認めることになり、検察への政治介入を強めることになるのではないのかといったようなことが懸念されるものとなっています。 検察庁法改正案は、現在63歳の検察官の定年(検事総長は65歳)を段階的に65歳に引き上げ、併せて役職の定年を導入することが柱。 それでも、今回、きゃりーさんは自らの主張を明かすべく行った。 これは国家公務員法の改正に伴うもので、野党も基本的に反対はしていない。

次の