近鉄 80000 系。 【近鉄クオリティ】新型名阪特急近鉄80010系HV11編成が陸送 近鉄80000系は製造終了

【近鉄】80000系HV01「ひのとり」、3月のデビューに向けて試運転中!

近鉄 80000 系

乗客が鉄道に求める機能やサービスの多様化 これらの現実を踏まえたうえで、鉄道に求められるサービスを追求するため、次の開発テーマを設定した。 30201Fのみ新製当初の形状をそのまま流用した。 2018年に田原本線が開業100周年を迎えるにあたって、記念事業の一環として当時の600系を模したダークグリーンへの塗装変更が行われたものである。 移動手段としての電車を超える• 6A)。 車内設備 UV・赤外線カットガラス 全車にUV・赤外線カットガラスを採用。 旧来の近鉄の鉄道車両に用いられてきた仕様の違いにより統一されない、いわゆる「近鉄クオリティ」が新型名阪特急にも受け継がれた形となりました。

次の

近鉄30000系電車

近鉄 80000 系

その結果「座席を倒すときに後部座席の乗客を気にする」という意見が多かったことから、座席の後部を覆うバックシェルを全席に採用、また年々増加する外国人客に対するサービス向上策として、大型荷物スペースや、多言語での案内、さらにはWi-Fiの設置を決めていた。 もとより近鉄特急は東海道新幹線に対し、所要時間では対抗できない 名阪甲特急の約2時間に対し、東海道新幹線「のぞみ」は約50分。 8000系8031F - 8058F・8060F・8075F・8085F・8087F• スポットエアコンは開閉式で、乗客自ら開閉が可能である。 モ50300形屋上に衛星放送受信用のアンテナを設置した。 編成 [ ] 2M2T(2両・2両)の4両編成で、大阪側からモ30200形 Mc1 - サ30100形 T1 - サ30150形 T2 - モ30250形 Mc2 の順に組成される。 はブラックで目立たなくさせたうえで、車体デザインと一体になったスカートを前面に設置した。 近畿車輌により製造され、10月25日未明から順次、近鉄高安車庫へトレーラーで陸送された。

次の

近鉄50000系電車

近鉄 80000 系

今回の改造にあたり、新造車並みにデザインチームを立ち上げ、スタッフには昨今の近鉄車両の内装デザインを手掛けている山内陸平をはじめ、近畿車輛、近畿日本工機(現・)、(工事総括部門)が参加し、約1年間の議論を行ったうえで上述のコンセプトを設定し、改造工事に着手した。 主電動機はMB-5183A形240kWで「全閉自冷式かご形三相誘導電動機」を近鉄としては初めて導入しています。 「近畿日本鉄道特集」『鉄道ピクトリアル』第398号、電気車研究会、1981年12月。 1500V昇圧に際し900系を編入する予定があったため、モ8000形・ク8500形とも末尾21から番号が始まっている。 さらに鋼鉄製車体、抵抗制御の車両は、日常的な補修費・電力費が新型車両と比べて大きくかさむ。 一般用車両にも、車齢50年前後に及ぶものが少なくない。

次の

近鉄8000系電車

近鉄 80000 系

内装はベージュとダークウッドを基調とし、レッドとブラックのチェッカー柄のカーペット敷きとなっている。 近鉄各施設で使われていたビスタカーの旧シンボルマーク 当時の近鉄グループの象徴 (昭和53年)に「新」の老朽化・に伴い、後継車両として登場した。 ラインデリア車については他線の車両と同様に屋根が低い分、冷房装置室外機の背が高い。 近鉄の代名詞ともいえる2階建て車両「ビスタカー」も、デビューから40年以上が経過している• 前位パンタ台も撤去されずそのまま残された。 三好好三『近鉄電車』p. Exciting(興奮する)• 同社の中期経営計画では、2019~2023年度の5カ年累計で、鉄道に対する投資額を1,300億円 1年平均260億円 としているから、看板車両「ひのとり」の比重の高さがわかる。 15時点において、2020年03月14日ダイヤ変更実施時点で運用離脱し、各検車区の車庫で疎開留置されている編成は文字周辺青線囲い 2020年になると、西大寺車庫に滞在していた80101Fは、05日 日 夜に往路と同じ経路で高安車庫へと回送され、再び大阪線での日中試運転を再開。

次の

近鉄名阪特急の新型80000系「ひのとり」 先頭車に日本板硝子製ガラス使用 前照灯も

近鉄 80000 系

。 『決定版 近鉄特急』ジェー・アール・アール、119頁• シングルアーム式パンタグラフ PT7126-A その他機器 [ ] 空調機器は22600系と概ね同様で、屋根上装置外観やキセも似通うデザインである。 『鉄道ジャーナル』(第400号)2000年2月号、138頁• ただし、第6編成から第10編成と第14編成の6編成については、製造コスト低減を目的として、代替廃車された10100系に搭載されていた三菱電機ABFM-168-15MDHを整備・改造の上で流用し竣工している。 梓岳志「ハ~イ お二階さん ご案内~!」『鉄道ファン』第293号、、1985年9月、 19 - 25頁。 フラット車であるMc車の内装は12400系に準じており、「くつろぎのサンシャイン」というテーマを設定して、オレンジ色の座席をはじめ、明るい色調を採用した。 「ひのとり」は両先頭車をプレミアム車両としたこともあり、6両編成の定員は239名となったが、プレミアム車両は全席3列シートで前後間隔が「鉄道で日本最大級」という130cm、ハイデッカー構造を採用したことで、客室内の快適性や眺望性が増している。

次の

近鉄30000系電車

近鉄 80000 系

アーバンライナーは1,050mmピッチ。 21 近鉄は、2020年3月14日にダイヤの変更を実施することを発表しました。 メッセージとは「LIMITED EXPRESS VISTA CAR BON VOYAGE」(BON VOYAGEは、これから楽しい旅行や冒険に赴くにあたっての挨拶「道中ご無事で!」「ごきげんよう!」の意味)である。 jp 2016年06月22日掲載• も8000系70番台以降と同様のKD-64系が採用されているが 、に製造された3両編成の8412F - 8414Fとモ8400形モ8415の10両は新造品の金属バネ台車(M車はKD-73、T車はKD-73A)を装備する。 2019年4月時点では本系列の車籍抹消はこの1両のみである。 今現在は、ロゴも表示していますが、回送列車に関してはロゴ表示が省略されており、本格運行後の試運転でもロゴが継続して表示されるのかは、22000系の「試乗会」表示と併せて気になります。 また、サ50400形(ダブルデッカー車両)は平床部分屋上とセパレート形装置を2台搭載した。

次の

【特急ひのとり いろんな所で撮りました】近鉄80000系電車

近鉄 80000 系

プレミアムシート 21000系における「デラックスシート」に相当する「プレミアムシート」は、これまでの名古屋寄りの一両だけでなく、大阪・名古屋側の両端車の2両をプレミアムカーとしてハイデッカー構造とし、さらに前面展望を楽しめるようにするため、それぞれ運転席側の乗客用の乗降デッキを廃止している。 先進的でスピード感のある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドを基調としたカラーリング、先頭車の車体側面に配置した「ひのとり」のロゴマークなどが外観デザインの特徴となる。 T車出入台横には20000系に準じたVISTA CARのステンレスロゴタイプが貼り付けられた。 3両編成車• 特製品です。 B更新車については2006年に8080F 、2009年1月に8082Fが廃車された。 鉄道員だった祖父、伯父の影響や、阪急電鉄の線路近くに住んだ経験などから、幼少時より鉄道に興味を抱く。 近鉄はすでに、最も古い12200系「スナックカー」を2020年度中に全廃する計画を公表している。

次の