ラッセル の パラドックス。 ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学 (岩波新書 新赤版 (975))

バートランド・ラッセル

ラッセル の パラドックス

された記事だって、最初に「とはである」くらい書いてあるものだ。 1952. 影響を与えた人物:• 1916. らとともに、アメリカの対ベトナム政策を糾弾する を開廷する。 の考えは「」と呼ばれる。 体系 ZFCの利点は• _論理学を勉強してきた中で,私は「ラッセルのパラドクス」にはしばしば触れてきました。 1957. 東宮隆訳『懐疑論集』みすず書房、1963年 柿村峻訳『懐疑論』角川文庫、1965年• ところがブラリ=フォルティの論文を見てもそのパラドックスは載っていないという。

次の

ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学 (岩波新書 新赤版 (975))

ラッセル の パラドックス

Chicago and London: Open Court Publishing. 元々チャーチは、数学の基礎となり得るような完全な形式体系を構築しようとしていた。 これでもおかしなことになってしまいます。 の始まり。 12年、はこのことをにしたため、フレーゲに送った。 1955年には「ラッセル=アインシュタイン宣言」を発表し、核兵器の廃絶を訴えます。 その意味において、自分自身を含まない集合をすべて寄せ集めた集合は、対角線論法によって、自分自身を含まない集合の外部にあるのです。 擬似永続性の公準 任意の事象Aが与えられたとき、その時点に相次ぐ時点において、またそれの場に近接する場において、Aにきわめて似通った一つの事象が生じることがしばしばある。

次の

赤攝也「ラッセルの背理(パラドックス)」

ラッセル の パラドックス

バートランド・ラッセルはイギリス出身の論理学者であり哲学者で、政治活動家としても活躍した人物です。 参考文献 [ ]• London: Longmans, Green. むしろ、を次のへと進める足がかりになる。 他のパラドックスには、例えばはラッセルの発表中に脚注で「ブラリ=フォルティの論文に示唆された」とあるためこの名が冠せられた。 中村秀吉訳『自伝的回想』みすず書房(バートランド・ラッセル著作集 第1)、1959年• 最初の結婚は22歳の頃、近所に住んでいた5つ上のアリス・スミスとのものでした。 1929. 」(Dear Bertrand Russell, 1969 より)• まず、(真実のために言えば)私はユダヤ人ではありません。 この点だけは、ご承知ください。

次の

ラッセルのパラドックス:自身を含まない全体の集合はあり得ない?(知的な小話132)

ラッセル の パラドックス

彼の人道的な思想が評価されたものでした。 解説もなかなかわかりやすい。 もし床屋さん自身も自分のひげを自分でそるとなると、この床屋さんは自分自身でひげをそらない人のひげをそってやるのですから、床屋さんが自分自身のひげをそるわけにはいきません。 今はその簡素で的な説明すらないけど。 牧野力訳『中国の問題』理想社、1971年• この目録は、自分自身を記載していない目録自身も目録に記載しようということで作成したはずです。 中身の濃い本です。 しかしそうとするなら、この集合は自分自身を含まない集合というのですから、実は、自分自身を含んでいるということになるのではないでしょうか。

次の

ラッセルのパラドックス

ラッセル の パラドックス

ラッセルのパラドックスの発見について述べるためには、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ドイツの哲学者・数学者・論理学者であるフレーゲの研究について触れざるをえない。 と教わりました。 そんな中、強なとして選ばれたのがであり、である。 最初の話では 記事Bは「記事の中に自分自身へのがない記事の」とした。 この宣言は、ラッセルが起草し、が署名を行ったものである。 、訳『人生についての断章』みすず書房、1979年2月 脚注 [ ] [] 私についての記述に関する限り、次のことを言っておかねばなりません。

次の

ラッセルのパラドックスの簡単な解説と例

ラッセル の パラドックス

…数学は矛盾のない理論体系と信じられており,諸科学の中でももっとも厳密な論証を誇るものとして,およそそのよって立つ基盤がゆらぐようなことがあろうなどとは考えられなかった。 - , pp. 1927. 個人的にはウィトゲンシュタインに比べて、 現在の日本ではラッセルの哲学的評価が低過ぎるとかねてより思っていたので、 本書のような啓蒙書出版は有難い。 Internet Archive. その後も、1970年、97歳でこの世を去る直前まで、精力的に活動した。 どちらに属するとしても、はない。 時間が遅くなってしまったので、今日はここまで。 叔父、叔母、息子、孫娘など。

次の

ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学 (岩波新書 新赤版 (975))

ラッセル の パラドックス

同時期にはラッセルのパラドックスにみられるように集合論でも似たような問題が起こり、数学の基礎そのものに疑問が持たれる時代であったが、ヒルベルトは公理主義、形式主義思想によってこれらの問題を解決すべく著書「幾何学基礎論」を執筆した。 - 3度目の夫人と共にへ移住。 関連コミュニティ 関連項目• Legitimacy Versus Industrialism, 1814—1848. London: Longmans, Green. 故に文体が適度にこなれていて読み易くはあるのだが、 出典が明示されていないので、解釈に若干の疑問点は残る。 外部リンク [ ]• 本の集合ということば、それ自身はこの集合の中にはいることはありません。 規則:ある村でたった一人の床屋(男性とする。 上述の諸公準の一例として、ある種の視覚的外見と固さとのつながりをラッセルは取り上げている。 続けて、第三章から第七章までは、論理学の入門あるいはメタ論理学と言うべき根本原理が、丁寧にわかりやすく説明されています。

次の