南国 アイス ホッケー 部。 行け!!南国アイスホッケー部(1) (少年サンデーコミックス)

行け!!南国アイスホッケー部とは

南国 アイス ホッケー 部

脚注 [編集 ]. y,g. 今の奴の下ネタの多さは一種の原点回帰なんだろうか -- 名無しさん 2014-01-05 15:31:42• 下ネタのレベルは少年誌掲載ということもあって基本的に軽い表現だが、に関する極端な表現が原因でワイド版未収録となった話も存在する。 財部光三(たからべ こうぞう) 通称は理事長。 四人兄弟の長男(次男: 先次郎、三男: こす郎、四男: なめ郎)で、兄弟揃って恥ずかしい髪型をしている。 絵柄は強弱がつけられた線で、比較的リアルな人物造形となっている。 コミックスの表紙を飾る事が多い。

次の

行け!!南国アイスホッケー部

南国 アイス ホッケー 部

」 にて、天草と舞子と共にゲスト出演を果たしている。 右曲がりの巨根らしい。 このような経緯から、直参ではないものの同作は(久米田先生の意向とは全く別に)その下ネタ魂を受け継いだ子孫的作品ともいえなくもない。 下ネタばかりに脚光を浴びがちだが、連載中期は下ネタよりも純粋なダジャレが非常に多かった。 天草健太郎(あまくさ けんたろう) アイスホッケー部の部長。

次の

行け!!南国アイスホッケー部

南国 アイス ホッケー 部

作風は異なるが、同時期にまったく部活をしない下ネタ漫画に、村田ひろゆきの『工業哀歌バレーボーイズ』(1989年~2006年)や木多康昭の『幕張』(1996年~1997年)があった。 月斗の周囲に、さまざまな有名人をもじった一発キャラ(名前は下ネタにかけられていることも多い)が登場し、下ネタギャグが展開される。 w,h:a. (紙の書籍ではありません)• 後の久米田作品の特徴となった「コマをぶち抜いた全身絵」は、単行本第4巻1話(通算27話)が初出。 最新話から• も気にかけていたのか、連載初期に背景ネタとなっていたことがある。 その後『』を連載すると同じ雑誌で連載することを目指してマガジン編集部へ持ち込みを始め、『浪漫三重奏』はマガジンドラゴン読み切り掲載、『』での連載へと至る。

次の

行け!!南国アイスホッケー部(23)(最終巻)

南国 アイス ホッケー 部

なお、原稿が落ちた理由は1995年当時話題になっていたあの宗教がらみ。 getAttribute y ,w:a. 伊藤未来男(いとう みきお) 通称イトウ。 当初は裸眼だったが、「月斗と判別がつかない」と読者に指摘されたらしいので眼鏡をかけるようになった。 語呂合わせ等の強引さは、ある意味尊敬に価する -- 名無しさん 2014-06-09 13:39:44• 湯けむりシュート」まで。 後の名作「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」などリアリティネタを持ち出す大ヒット作品の元祖ですね。

次の

行け!!南国アイスホッケー部(1) (少年サンデーコミックス)

南国 アイス ホッケー 部

アイスホッケー部は月斗の加入で日増しに強くなるが、さまざまな問題がアイスホッケー部にもたらされるスポーツコメディ。 最後にまともに競技としてのアイスホッケーを行ったのは単行本第4巻1話(通算27話)「秘技!! 初期はマジメにアイスホッケー部の強化に取り組む場面が見られたが、次第にスケベ心丸出しの変態オヤジと化していった。 最初から• は大きくなく、作中で短小、粗チン扱いされることも多い。 タイムマシーンを作る事が出来るため、タイムスリップネタではほぼ必ず登場。 朝霧舞子(あさきり まいこ) そあらの友人。

次の

行け!!南国アイスホッケー部 1巻 久米田康治

南国 アイス ホッケー 部

月斗の次に女性に対する淫らな行為が多く、エロ本や自身の性器を嫌がる女性に見せたり、嫌がる女性の服を無理矢理脱がすといった行動をしている。 attach "mouse. 」として、一部の話を掲載している。 t-s[c-1]. あわ箱先生が現在『月刊ビッグガンガン』で連載中の『イビルば~じん』も、下ネタギャグマンガである。 作品初期の絵柄は、強弱がつけられた主線で描かれており、比較的リアルな人物造形となっている。 実家はラーメン屋を営む。

次の

行け!!南国アイスホッケー部 1巻 久米田康治

南国 アイス ホッケー 部

そして末期では細く平坦かつシャープな描線で比較的無機質的な人物造型となっており、脚や首が非常に長くなっている。 」と疑ってしまうような画風の変化です。ネタで売りたいのだから絵は添え物みたいなものなのでしょうか。 お勧めしたい人は、古き良き時代を感じたい人です。 window. width 0,h:h. 彼に限らず、浜津学園アイスホッケー部は全国的にも強い部類に入るが、自信が無いのと根本的に小心者な為、「自分より弱い」と確信した相手にしか実力を発揮出来ない。 getAttribute k? アイスホッケー部は月斗の加入で日増しに強く成長していくというスポーツコメディ。 珍獣・オカルトのマニア。 left 0,y:C. 物語後半はアイスホッケーが完全に行われなくなったことから、当初は主要な役割を果たしていた部員もほとんどが出てこなくなった。

次の