蛍草 感想。 ドラマ【螢草 菜々の剣】のキャストと全話ネタバレ感想|清原果耶主演の仇討ち時代劇

螢草「菜々の剣」NHK

蛍草 感想

さっそく壇浦の道場へ行って菜々は剣を借りて握ります。 その頃斬られた権蔵親分の傷の手当てをして、お舟さんやだんごべえさん、死神先生、桂木さんが集まっています。 何度やってもかすりもしません。 「私が御前試合にでて、轟に一矢むくいたいのです。 「私はだまされたのです、轟という男に…。 もちろん菜々はいらないと断ります。 菜々のことを幼少時から好いていて、嫁にもらいたいと言いにくる。

次の

【感想・ネタバレ】螢草のレビュー

蛍草 感想

その場にいた日向屋はいいタイミングなので、仇討ちを許可したらいいと勧め、轟も丁度よいとばかりに受けて立つことに決めた。 菜々は最初からそのつもりだったのです。 しかもその男・轟平九郎は、 今度は奉公先の主・風早市之進に魔の手を伸ばそうとしていた。 」 というと佐知さんは消えてしまいました。 ドラマ『螢草 菜々の剣』原作の最終回結末をネタバレ! 原作は葉室麟さんの作品で、2012年発行の歴史小説です。

次の

蛍草「第7話いのちの剣」を見た感想

蛍草 感想

」 と告白します。 登場人物 [ ] 菜々(なな)〈16〉 鏑木藩藩士安坂長七郎の娘。 安坂家が取り潰しになった後、赤村の実家でひっそり過ごしていた。 自分の手で直接若殿に不正の証拠を渡すためには、御前試合に出るしかなかった。 菜々の父親は何らかの陰謀に巻き込まれたと思われ、不慮の死を遂げました。

次の

ドラマ『螢草(ほたるぐさ)菜々の剣』原作の最終回結末をネタバレ!

蛍草 感想

勝豊の父。 どんな気持ちだったんでしょうね…。 死なない理由は何なのか? 轟は構えもせずにただ、刀を下に向けて持っている状態です。 【螢草 菜々の剣】最終回7話のまとめ 菜々の仇討ちはこうして終わりました。 やはりそれは、信念を持ち続ける父上の姿を見たからだろうし忠義を尽くしたくなる当主だったのだろう。 — はなまま hiromi0801hana いかに菜々が剣をすぐに習得する才能があるとはいえ、轟に勝てるわけはないよなぁ、と思っていたら、こういうことか!と。

次の

螢草「菜々の剣」NHK

蛍草 感想

湧田の権蔵(らくだの親分) -• 雪江の思いを知り気持ちがざわつく菜々は、 追放を覚悟して暇を言い渡す市之進に、 佐知との約束で自分が子どもたちを守ると誓うのでした。 また、恋愛要素も混ざってはきますが、プラトニックな関係性であることや、身分の違いがあるためそんなに前面に出てきません。 佐知【谷村美月】 奉公先の優しい奥様で市之進の妻。 そこに書かれていたことに心配してです。 風早市之進:町田啓太 風早家の主。 容赦なく振り下ろす轟の刀を、菜々は帯に差した守り刀で受け止める。 場所代を取り立てに来て菜々と諍いになったが、止めに入ったとよのおかげで心を入れ替え、菜々たちの世話を焼くようになる。

次の

ドラマ【螢草 菜々の剣】のキャストと全話ネタバレ感想|清原果耶主演の仇討ち時代劇

蛍草 感想

この時、介錯人として壇浦が来て轟に問います。 ほたるぐさと読みます。 仇敵・轟平九郎役の北村有起哉さんは絶対期待を裏切らないってわかりますしね。 ですが、菜々がこの戦いに込めた思いについて語ります。 南沢奈央さんも結構ヤバいな 苦笑。 例えばらくだの親分だの、お骨さんだの、死神先生だの、風早なんて名前も菜々という名前も時代劇らしからぬネーミング。

次の