バイオ リファイナリー。 研究領域│産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム│国立研究開発法人 科学技術振興機構

石油から「バイオマス」へ バイオリファイナリー

バイオ リファイナリー

世界の人口• BIO-PHARMING• style. setup special. このため、限りある化石資源を使わないで、地球温暖化の防止や循環型社会の形成に役立つ技術として各国で技術開発が進んでいます。 細胞工場の適応能力を高めることによって、初めてその実際の産業応用能力を実現し、高収量、高効率の経済的な現代工業のバイオテクノロジー産業の発展のために、サポートを提供することが可能になるのである。 DR Congo• getElementById! Chapter Twelve presents the market shares of the major companies involved in the manufacture of biobased products, and discussed these companies and products. test tokens[0]. find["ID"] token. xhr ; jQuery. TABLE 137: POLICIES AND LEGISLATION AFFECTING THE BIO-DERIVED PRODUCTS INDUSTRY• Asia-Pacific• BIOGAS PRODUCT DEVELOPMENT• Table of Contents CHAPTER 1 - INTRODUCTION• selector? 実施体制 幹事機関:筑波大学 参画機関:国際基督教大学、サナテックシード株式会社、日本製粉株式会社、株式会社トーヨーエネルギーファーム、株式会社カネカ お問い合わせ先 筑波大学 産学連携部産学連携企画課 岩崎正吾 電話番号 029-859-1485 e-mail iwasaki. NORTH AMERICA• documentElement. results. BIOPOLYMERS• relative[ tokens[1]. webkit. Latin America• TABLE 45: NON-BIOENERGETIC PROCESSES, MATERIAL TYPES AND FEEDSTOCK SOURCES• namespace. Green Tea Extract• Russian Federation• CELLULOSIC GASOLINE AND DIESEL• bubbleType : special. ownerDocument document. 全体的に言って、今日、微生物代謝のコントロールに対する認識にはまだまだ限りがある。 Interleukin• METALS AND MINERALS• set elem, value, extra! jquery? isFunction html ; return this. Phenolics• TABLE 140: U. 非バイオ燃料製品の市場浸透率 第5章 バイオ燃料製品の需要• PHARMACEUTICAL COMPANY MARKET SHARES• OPERA OPERA「低CO 2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出」 パリ協定の「2030年度GHG 排出量を2013年度比26%削減」は待ったなしです。 ActiveXObject "Microsoft. 「」 トヨタ自動車、2007年5月23日。 二つ目は、グローバル・パータベーション技術であり、それは的をしぼって微生物ゲノムに突然変異を引き起こし、高フラックス・スクリーニングのターゲットの生理的機能と結びつけることにより、遺伝的背景のはっきりした代謝工学的細菌を得ることができ、かつ最適化した生理的機能をその他の細胞工場に手軽に移すことができる。

次の

石油から「バイオマス」へ バイオリファイナリー

バイオ リファイナリー

TABLE 78: PRODUCT TECHNOLOGY DEVELOPMENT• The report is divided in 14 chapters. 代謝流束解析から、二酸化炭素消費、PEPカルボキシラーゼ反応とコハク酸生成には密接な関係があることがわかった。 SYMRISE• EUROPE• インドネシアは豊富な天然資源を背景に近年目覚ましい経済成長を遂げていますが、これを維持していくためには、石油に大きく依存した同国のエネルギー源を多様化していくことが求められています。 find. Protalix Biotherapeutics• BIOFUELS FEEDSTOCK• この戦略もまた三つの段階に分かれている。 FIGURE 2: APPLICATIONS OF BIOTECHNOLOGY IN ANTHROPOGENIC ACTIVITIES INDUSTRY, AGRICULTURE, MEDICINE, HEALTH, ENVIRONMENT• contains elem. HISTORY• TABLE 85: BIOGAS SEGMENT PRODUCT DEVELOPMENT• MIDDLE EAST AND AFRICA• INTENDED AUDIENCE• TABLE 36: GLOBAL MARKET VOLUME FOR PLANT OIL BIOFUELS BY TYPE, THROUGH 2021 BILLION GALLONS• top! 2008年7月3日• ASIA• all. LOUIS DREYFUS• EUROPEAN UNION• test s. merge [], elem. Biosurfactants• test selector , namespace: namespaces. APPLICATIONS FOR BIOPRODUCTS BY END USE• childNodes. PATHWAYS FOR THE PROVISION OF BIOBASED PRODUCTS• nodeType jQuery. div. matchesSelector elems[0], expr? expr. dataFilter response, s. doc. United States• SOUTH ASIA• 比較ゲノミクス、システムバイオロジー、高速計算技術の発展は、我々のためにDNA配列に基づいたタンパク質情報と、生物体外の生物物理及び生物化学的知識を提供している。 Russian Federation• jQuery. style. style. TABLE 147: SOUTH AMERICA GOVERNMENT SUBSIDIES, INCLUDING MANDATES, FOR LIQUID BIOFUELS USED IN TRANSPORTATION• JSON. GORDON SHANKS CONSULTING LLC• mozilla. 2000年度国家科学技術発明二等賞受賞。 TABLE 99: EMPLOYMENT POSITIONS IN BIO-DERIVED PRODUCTS INDUSTRY• contentType "". LNG• METHODOLOGY AND DATA SOURCES• Philippines• contents ; if contents. 詳しくはを参照。

次の

OPERA

バイオ リファイナリー

find sel, this, null, [ cur ]. TABLE 64: CURRENT AND EMERGING PARTIALLY BIOBASED PLASTICS AND THEIR BIODEGRADABILITY• TABLE 40: PROPERTIES OF TORREFIED WOOD AND CHARCOAL• promise : this, fn? jQuery selector, context : jQuery. VEGETABLE OIL• NORTH AMERICA• このことから、3,000株のライブラリーから選抜した微細藻類を原料とした有用物質生産とバイオ燃料生産を実現し、それらを統合したバイオリファイナリー・プロセスを創出することにより、バイオ燃料の製造コストを削減し、バイオ燃料の早期実用化を図ります。 BASF• ASIA• Detailed patent analysis and a research-and-development update• China• バイオディーゼル• 実施体制 幹事機関:千葉大学 参画機関:東京大学、国立台湾大学、国立長寿医療研究センター、UR都市機構 株式会社竹中工務店、積水ハウス株式会社、株式会社富士通ゼネラル研究所、リソル生命の森株式会社、 イオン株式会社、日本電気株式会社、株式会社山田養蜂場、お茶の水健康長寿クリニック、株式会社ミライノラボ、パシフィックコンサルタンツ株式会社、株式会社NTTドコモ、 トーテックアメニティ株式会社、ネスレ日本株式会社、日本製粉株式会社、サンスター技研株式会社、日本薬品株式会社、株式会社グレイス、株式会社ジャパンヘルスケア、長柄町、船橋市、松戸市、柏市 お問い合わせ先 千葉大学 学術研究・イノベーション推進機構(IMO) 電話番号 043-290-3605 e-mail sangaku-innovation[at]chiba-u. js if rvalidchars. XANTHAN• url, s. Stevia• valHooks[ this. 食の未来を拓く革新的先端技術の創出 共創コンソーシアム 領域統括 江面 浩 筑波大学 つくば機能植物イノベーション研究センター 教授/センター長 プロジェクト概要 『食』にまつわる社会的課題として、地球の人口増加に伴う将来の食料不足、農業就業者の高齢化と労働力不足、高級食材と低価格食材の 二極化などがあげられる。 Brazil• TABLE 116: INTERNATIONAL OILSEED TRADE BY MAJOR EXPORTING COUNTRY, THROUGH 2021 MILLION METRIC TONS• セルロース細胞壁の分解は熱と化学処理を伴い、従来難しい問題であった。 Callbacks "once memory" , "resolved" ], [ "reject", "fail", jQuery. Ginseng• event. NETWORK OF PARTNERS• 東京電機大学では、早くから竹に含まれる成分に着目し、抗酸化、皮膚保湿性、高コレステロール血症抑制、腸内環境改善、微生物活性化効果があることを明らかにしました。 EUROPEAN UNION• GENOME ENGINEERING• DISCLAIMER CHAPTER 2 - SUMMARY• ゼロ次予防戦略による Well Active Community のデザイン・評価技術の創出と社会実装 共創コンソーシアム 領域統括 森 千里 千葉大学 予防医学センター センター長 プロジェクト概要 本プロジェクトは、社会環境の整備により疾病を予防するゼロ次予防戦略に基づき、暮らしているだけで健康・活動的になる 「Well Active Community(WACo)」を創出するものである。

次の

統合バイオリファイナリー研究拠点構築プロジェクト

バイオ リファイナリー

-1 : bup? Sapphire Energy• PELLETS• OPX Biotechnologies Inc. EU-• この分野では、国内外の研究はいずれも相対的に少なく、キシロース輸送システムについての理解が比較的浅いため、当該分野は新たな研究の焦点になる可能性がある。 RELATED BCC RESEARCH REPORTS• charAt 0. opt. 遺伝子レベルで機能改良した微生物細胞を大量に調製し、反応槽に高密度に充填、分裂増殖を停止させた状態で高速度の反応を行います。 JAPAN• slice -check. Biobutanol• PHYSICO-CHEMICAL ROUTE• そのためCO 2削減効果の大きい微細藻バイオマスを原料としたバイオ燃料の実用化に期待がかかってますが、高い製造コストが障壁となっています。 TABLE 91: UPSTREAM ADVANCED BIOREFINERY VALUE CHAIN• Alkaloids• GENERAL BIOFUELS GEORGIA• Terpenoids• ownerDocument. 生産性の飛躍的向上を目指して、トランスクリプトーム解析やメタボローム解析、遺伝子ネットワーク解析等を統合して代謝経路の設計を行うシステムバイオロジーに取り組み、生産物に最適な微生物細胞を創製しています()。 GLOBAL BIOMASS MARKET OVERVIEW• BIOGAS• ENVIRONMENTAL PROTECTION AGENCY'S EPA'S FINAL RULE• isFunction value ; return this. TABLE 83: BIOCOMPOSITE PRODUCT DEVELOPMENT• TABLE 21: GLOBAL BIOBASED PETROLEUM REPLACEMENT MARKET OPPORTUNITY, THROUGH 2021• TABLE 9: GLOBAL MARKET VOLUME FOR BIOMASS BY USE, THROUGH 2021 BILLION TONS• jQuery. TABLE 150: NATIONAL INSTRUMENTS AND PROGRAMS FOR THE SOUND MANAGEMENT OF CHEMICALS AND MATERIALS• Archer Daniels Midland• FIRST-GENERATION AND ADVANCED ENERGETIC LIQUID BIOPRODUCTS PRODUCTION PER UNIT OF LAND AREA• TABLE 129: GLOBAL SHARES FOR BIO-OIL PRODUCTION COMPANIES, 2016• NATURAL GAS• Japan• また、世界中の池や湖などに生息し、自ら油を生成する藻の一種「」を培養、抽出した油をバイオ燃料とする研究も行われている。

次の

OPERA

バイオ リファイナリー

バイオリファイナリー細胞工場についての研究の進展 2. Soybeans• BIOTRANSFORM PLATFORM CHEMICALS• 再生可能資源や省エネルギーなバイオプロセスを利用することから、CO2排出量の削減や循環型社会の構築に貢献する技術として大きな期待が寄せられています。 EUROPE• NOVARTIS AG SWITZERLAND• Integro Earth Fuels• 中国科技部973計画「バイオリファイナリー細胞工場の科学的基礎」の支援の下、中国の科学研究者は有芽胞桿菌、クロストリジウム・サーモセラム、クロストリジウム・アセトブチリカムを対象として、膜プロテオミクス研究を行い、クロストリジウム・サーモセラムの膜タンパク質の中から35個のタンパク質複合体を発見した。 apply results, slice. childNodes, 0 [0]. Agrivida• TABLE 115: INTERNATIONAL OILSEED EXPORT TRADE BY TYPE, THROUGH 2021 MILLION METRIC TONS• event. call elem, namespaces, elemData. tagNameNoComments? Brazil• or :nth-last-child... ARCHER DANIELS MIDLAND• TABLE 93: COMPANIES INVOLVED IN VALUE UNLOCKING RESIDUES• GLOBAL SIZE OF IDENTIFIED MARKETS WHERE BIOPRODUCTS ARE APPLIED• opts. DEMAND FOR BIOBASED COMPOSITES BY REGION• Verdezyne• NATIONAL BIOFUEL BLEND WALL• Digester Gas• BIOPRODUCTS MARKET OPPORTUNITY• 同じく藻のの研究も盛んになっている。 BIOTECHNOLOGY COMPANY SHARES• Merck• Rest of the World ROW• バイオ製品市場機会• elem. BIOPRODUCTS MARKET PENETRATION• Sierra Leone• したがって、バイオリファイナリーに用いる高効率の細胞工場を構築するには、さらに生物の代謝メカニズムを理解した上で、細胞のコントロールメカニズムについて認識し、遺伝子の発現コントロールネットワークを再構築し、それによって、代謝経路と合成システムをどう合理的に設計するかをよりうまく指導し、細胞代謝の物質の流れとエネルギーの流れを分配し直し、化学品の合成効率を高めることが必要である。 contains elem. ROBERTET• SOUTH AMERICA• style. TABLE 113: INTERNATIONAL BIOETHANOL TRADE BY EXPORTING COUNTRY, THROUGH 2021 BILLION GALLONS• text? elem elem. エタンクラッカーへのシフトが進めば、芳香族類等をはじめとして主に炭素数4以上の化学品の価格は上昇すると予想され、そこに価格競争の可能性があると考えられる。 getElementsByClassName! subordinate : jQuery. GERMAN PELLETS• Mozambique• TABLE 148: COUNTRY OF ORIGIN OF BIOFUEL COMPANIES IN AFRICA•。 BENZENE, TOLUENE AND XYLENE BTX• さまざまな微生物の細胞内の物質分解・変換メカニズムについても、あまりよくわかっていない。

次の

OPERA

バイオ リファイナリー

Zymetis社ではさらに効率よく糖に変更するために遺伝子を組み換えて、72時間で1トンのセルロースバイオマスを糖に変換できる事を実証した。 jQuery cur. They return false on IE 2968. ISOBUTANOL• Latin America• createElement "div" ; marginDiv. event. TABLE 101: THE MULTIDISCIPLINARY, MULTI-COMPANY BIOREFINERY LANDSCAPE• また、生物体内の代謝経路は往々にして、一つの酵素またはタンパク質によって制御されているのではなく、経路中の分子の相互作用の影響と全局的制御を受けている。 。 。 。 。

次の